Artist KAI CHIKAKO Official Website

TOP

WORKS

CLIENT

PROFILE

STORE

CONTACT

twitter instagram facebook youtube

© Availchica / kaichikako.com

Artist KAI CHIKAKO Official Website

TOPWORKSCLIENTPROFILESTORECONTACT
mobilenavi

PROFILE

KAI CHIKAKO PROFILE PHOTO 画家 甲斐千香子

PORTFOLIO DOWNLOAD

Follow Me!!

instagram instagram instagram instagram


BRIEF HISTORY - 略歴

1987年生 宮崎県出身 武蔵野美術大学造形学部 日本画コース 卒業

日常の風景や人々の営みに潜む「おかしさ」をテーマに日本画技法を用いながらアクリル絵具やキャンバスなど、ミクストメディアを取り入れた絵画を制作。見慣れた物事や景色を自由に組み合わせ、独自の感性と視点で創造するその作品は”遊び絵”や”見立絵”の要素を持ち、様々なアートショーなどで高い評価を受けている。

近年では「渋谷・宮下公園 アディダスブランドセンター」RAYARD MIYASHITA PARK 店舗内装への作画提供やNHK ドラマ10「大奥」福士蒼汰ほか衣装の絵付けを担当するなど多方面で活躍している。


STATEMENT - ステートメント

私は日常の中にある様々な物や景色を身近な別の物に置き換える"見立て遊び"をテーマに絵画制作している。例えば、宝石に群がる人々の様子を昆虫に置き換えると、"スイカに集まる虫たち"のイメージが浮かんでくる。ある事象を別の物に見立て連想し、そこか ら得られるユーモアとシュルレアリスムを制作イメージの根幹に置いている。

また、社会の事象に踊らされる人々の滑稽さや矛盾する心理など、人間の複雑な感情にも着目している。人々が持つそれらの情景を人形や日用品、植物など人間以外のイメージに変換することで、観賞者が作品を観たとき、それぞれの意識内でこの社会の滑稽さや矛盾性、可笑しさなどを浮き彫にさせることを試みている。

"見立て遊び"をテーマにする理由として、幼少期に触れた"図鑑"や"浮世絵"の一種である遊び絵が影響している。

幼少期、世界中で起きている複雑な事象をそれぞれの単語として記憶はできたものの、理解できない事が多かった。しかし、それらのイメージを分解して図や数式、物語のように連想していく"図鑑・図解"や、"浮世絵"における見立て絵、遊び絵などの手法を知ることによって、その事象の意味や自己との関係性を理解することができた。

楽しみながら様々な物事を理解できるという点で"図鑑"と"浮世絵"の共通点はとても多く、文字に頼らずに広くの情報を伝えること、イメージを置き換えて連想しながら繋げていく表現手法に魅力を感じるようになった。歌川国芳(1798-1861)の「みかけはこ わいがとんだいい人だ」のように、錯視と教訓を交えた絵の他にも、学術的な視点と芸術的な視点が1枚の絵に並存しているボタニカルアートの影響も大きい。

ある事象とは一見無関係の物で構成された平面絵画は、シュルレアリスムのような異世界感を持ちつつも、浮世絵的な"遊び"を含むことで、より強く明快に、客観的な視点で現代の様々な側面を映し出す。見慣れたものや固定観念に対して、独自の視点と仕掛けを持つ新たな絵画表現の追求をしている。

2023.07/30 甲斐千香子


SOLO EXHIBITION - 個展

2022  ツメコウボウ(Steps Gallery/銀座)

2022  甲斐千香子作品展(GalleryTK2/日本橋)

2021  理想工作(GalleryTK2/日本橋)

2021  かさねがさね(Steps Gallery/銀座)

2021  甲斐千香子作品展(GalleryTK2/日本橋)

2020  アツゲショウ(GalleryTK2/日本橋)

2019  転生図鑑(TKGALLERY/日本橋)

2019  移植住(Steps Gallery/銀座)

2019  住む、ピース@千波湖(好文カフェ/水戸)

2019  住む、ピース(ジョイフル本田 ひたちなか店/茨城)

2018  しゅうちゃく、(Steps Gallery/銀座)

2018  遺影風景(space2*3/日本橋)

2016  日常麻痺(Steps Gallery/銀座)

2015  Indecision(Gallery FREAK OUT/東京)

2011  ヒガムコパニック(東向島珈琲店/東京)

2011  かいちかこてん(こすみ図書/東京)

ART FAIR - アートフェア

2023  アートフェア東京 2023(インターアート7/東京国際フォーラム)

2022  3331 ART FAIR 2022(インターアート7 3331 Arts Chiyoda)

2022  アートフェア東京 2022(インターアート7/東京国際フォーラム)

2021  3331 ART FAIR 2021(インターアート7 3331 Arts Chiyoda)

2021  アートフェア東京 2021(インターアート7/東京国際フォーラム)

MEDIA MIX - メディアミックス

2023  NHKドラマ10「大奥」主演・福士蒼汰ほか衣装絵付け

2022  島田宇平商店|店舗内装(アート作品提供)

2022  ホテル&レジデンス 六本木 ホテル内装(アート作品提供)

2020  アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK(作画提供)

2020  LETTING GO OF FANTASIES「空想を解き放て」MV(作画提供)

2020  アクセサリーブランド by onico. collaboration vol.3(パッケージデザイン)

MAGAZINE - 雑誌

月刊アートコレクターズ2021年8月号「これから来る!注目の若手67人」特集掲載

月刊アートコレクターズ2020年6月号「誌上頒布特集」掲載

月刊アートコレクターズ2020年2月号「完売作家全データ2020」特集掲載

GROUP EXHIBITION - グループ展

2023  京都×アートプロジェクト(ゲストハウス京と家七条塗師屋町)

2023  Art Cocktail 2023(Steps Gallery/銀座)

2023  Tatsucon Selection 2023 -Osaka-(ART GALLERY UMEDA/大阪)

2023  ギャラリーコレクション2023「忘れない」(Steps Gallery/銀座)

2022  TATSUYA ART COMPETITION 2022(GALLERY龍屋/愛知)

2022  うきよめぐり(MASATAKA CONTEMPORARY/日本橋)

2022  RED展(月ノ出画廊/南青山)

2022  第24回三井不動産商業マネジメント・オフィース・エクスビション

2022  遊・桜ヶ丘 現在進行形 野外展2022(ゆう桜ヶ丘ギャラリー/東京)

2022  第47回宮崎ムサビ展(宮日会館2階パピルスギャラリー/宮崎)

2022  なないろ展(月ノ出画廊/南青山)

2022  GINZA ART FESTA “Artist!×Artist!×Artist!”(松屋銀座/銀座)

2022  Art Cocktail 2022(Steps Gallery/銀座)

2022  新春まんぷく!お年賀展2022(フェイ アートミュージアム ヨコハマ/横浜)

2021  「サマーアートミーティング」(Gallery TK2/日本橋)

2021  第8回清州国際現代美術展「再び対話する風土」(シェマ美術館/韓国)

2019  第45回宮崎ムサビ展(宮崎県立美術館/宮崎)

2019  FAVORITE2019(Steps Gallery/銀座)

2019  東京インディペンデント2019(東京藝術大学 陳列館/東京)

2019  都市の幽霊(Gallery FREAK OUT/中野)

2017  ハプニング(直接行動)を待ちながら(ゲンロンカフェ/五反田)

2017  On the Steps(Steps Gallery/銀座)

2016  On the Steps(Steps Gallery/銀座)

and more.